contents

メニュー

PR
インターネットを正しく利用するために~加害者にも被害者にもならないために~

人権パネル原稿WEB

インターネットは、スマートフォンやタブレット端末などの普及に伴い、利用方法も多様化し、子どもから大人まで様々な人にとって身近なものとなり、その利用が進む一方で、その利用に際して、他人の人権等を侵害してしまう事件が発生しています。

 

■加害者にも被害者にもならないために
京都府では、インターネット上での人権問題や適正な利用に関する教育・啓発を様々な媒体や機会を通じて推進しています。顔が見えないコミュニケーションだからこそ、相手の人権を尊重することを忘れずに、インターネットを利用することが必要です。

kouzahyoshi
府内各地でインターネットと人権に関する府民講座を開催(左)、啓発冊子(右)

 

■インターネットの利用に関する啓発DVD「その書き込み、本当に大丈夫?」を作成しました!
このDVDは、身近な事例から、ネット利用に際し、何気なく行ったことが取り返しのつかない大変なことになってしまう危険性や、被害回復の困難性について、身近な事例から、わかりやすく解説した啓発DVDとなっています。

また、放映時間も約15分程度にまとめていますので、一度ご覧ください。

ad63177876aee1e216ee90e6f593a129_m

■利用方法:無料貸出していますので、下記までお申し込みください。

 

 

お問い合わせ先:京都人権啓発推進会議(事務局・京都府人権啓発推進室)

TEL:075−414−4271

FAX:075−414−4268

E-mail:jinken@pref.kyoto.lg.jp