contents

メニュー

PR
京都いのちの日シンポジウム〜共に生き、共に支え合う京都府づくり〜

TOP

3月1日は「京都いのちの日」

京都府では、毎年3月1日を「京都いのちの日」と定めています。このシンポジウムを通じて、自らの命を見つめ直すとともに、家族、友人などにも思いをはせ、共に生きることの意味や絆の大切さについて今一度考えてみましょう。

 

開催日時:平成29年3/1(水)13:30〜16:00(開場13:00)

 

場所:龍谷大学アバンティ響都ホール(京都駅前 アバンティ 9階)

 

定員:先着350名参加無料 (申込〆切/平成29年2月20日 (月)17時まで)

 

主催:京都府

 

問合せ:健康福祉部福祉・援護課 TEL:075-414-4626


基調講演

「生きづらさ」を「今を生きる力」にかえるヒント

 

名越康文氏写真

名越 康文氏(なこしやすふみ/精神科医。相愛大学、高野山大学客員教授)

Profile:

1960年、奈良県生まれ。精神科医。相愛大学、高野山大学客員教授。専門は思春期精神医学、精神療法。近畿大学医学部卒業後、大阪府立中宮病院(現:大阪府立精神医療センター)にて、精神科救急病棟の設立、責任者を経て、1999年に同病院を退職。引き続き臨床に携わる一方で、テレビ・ラジオでコメンテーター、映画評論など様々な分野で活躍中。主な著書に「どうせ死ぬのになぜ生きるのか」(PHP新書)、「自分を支える心の技法」(医学書院)、「心がフッと軽くなる『瞬間の心理学』」(角川SSC新書)、「14歳の子を持つ親たちへ」(新潮社・内田樹氏との共著)などがある。

 

パネルディスカッション

大学生の私たちが皆さんに知ってほしい自殺のハナシ

【パネリスト】

名越 康文氏

大学コンソーシアム京都「若者と自殺 -いのちのリレー講座-」 を受講している大学生

※「若者と自殺 -いのちのリレー講座-」とは?

大学コンソーシアム京都の単位互換科目の1つで、若者の自殺をテーマとして、自殺対策の最前線で活躍されている方々を講師として開講している連続講座。

【コーディネーター】

河瀬 雅紀氏(京都府自殺対策推進協議会会長)


お申込みは郵送・電話・FAX又はメールにて

■お申込先:京都府府民総合案内・相談センター

【郵 送】〒602 -8570 京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

【電 話】 075-411-5000 【FAX】 075-411-5001

【メール】411-5000@pref.kyoto.lg.jp

※メールの場合は件名に「京都いのちの日シンポジウム」、本文に「郵便番号」「住所」「氏名(ふりがな)」、「年齢」、「電話番号」の記載をお願いいたします。

 

【申込み締切】平成29年 2月20日(月)17時まで

参加の可否については、後日郵送にてお知らせいたします。

 

map

ご来場の際は、公共交通機関をご利用ください。

JR京都駅八条東口より徒歩約1分