contents

メニュー

ミュージックインタビュー

KANA-BOON インタビュー

mKANA-BOON

3rdアルバム「Origin」を完成させ、メジャーデビュー3年目にしてアリーナ公演・海外公演を控えた、今最も勢いのある4人組ロックバンドKANA-BOON。今回はそんなKANA-BOONのみなさんに最新アルバムを含め、様々なことをお聞きしました!

『Origin』というタイトルに込められた思い・感想などを教えて下さい。
谷口:Originとは原点や起源といった意味があって、僕らの原点、つまり音楽を始めた頃の気持ちを取り戻そうという現在のバンドの姿勢を表しています。KANA-BOONのパブリックイメージとは違う部分がたくさん詰まった作品なので、きっと皆は新鮮さを感じられると思います。
古賀:今回はOriginというタイトル通り、自分が音楽を始めた時のように自分の好きなようにギターを弾きました。細かい音色や重ねの音など細部まで拘ったので、何周聴いても新しい発見があると思うので何周でも聴いて欲しいです。ハッとする瞬間が沢山あると思います。
飯田:デビューをしてから3年間、良くも悪くも忙しくさせてもらってます。そこで改めて自分たちを振り返った時、純粋に音楽を楽しめているのかという悩みが出てきて。メンバーで話し合って、音楽を始めた頃の純粋に楽しんでいた気持ちを取り戻そうという意味を込めてつけたタイトルです。
小泉:今回は制作途中にメンバーでミーティングをして、もう一回音楽を始めたころの純粋に音楽を楽しんでた気持ちを取り戻そうっていう話し合いからついたタイトルで、個人的にも悩んでた時期なので、聴くと凄い力になります。

制作時のエピソードなど、どのように作られたのか教えていただけますか?
谷口:去年の秋から制作を開始しました。なかなかテーマも見えず、アルバム作りへの気持ちも上手く整えられないまま進行していて、自分としては不安定な状態の中での制作でした。レコーディングの折り返し地点で、このまま進めるのは嫌だなと思い、久しぶりにメンバー4人だけで本音を話し合いました。そこから、Originという言葉や今の自分達の課題も見えてきて、結果的にとてもエネルギーのあるアルバムとなりました。
古賀:今回、アルバムの製作途中にメンバーだけで話し合いをする場を設けて思ったことを話し合ったのですが、そこでこのアルバムの方向性が決まりました。デビューして以来、多くの人に聴いて頂ける機会も増え、プレッシャーや曲に対するアプローチに変化が出来ていました。意識的に「こういうフレーズを弾いた方が多くの人に響くんじゃないか」だとか、そういうニーズに答えるようなフレーズにしている自分も居ました。でもそういう音楽はこの世に沢山溢れていて、自分達でバンドをやっていて音楽を提供する側なら自分はそういう存在になりたくなかったので、今回ニーズは考えずにギターを好きに弾きました。
飯田:制作はプリプロを初めてソニーのスタジオに何日間もこもりっぱなしでやったのですが、長年のいろんなアーティストの葛藤や悩みの気みたいなものが閉じこもっていてかなりプレッシャーを感じました。
そのせいもあってか、いつもよりかなり緻密に作れたと思います。
小泉:今回、鮪から「いつもとは違った音のパワー感がほしい」と言われて、もう一度ドラムの叩き方から見直して曲を作りあげていきました。

2ndアルバムが発売されてから約一年で3rdアルバムが発売されますが、大変だったことはありますか?
谷口:常に大変でした。曲を作り、プロモーションをし、ライブをし、また曲を作り…と1年中動いていました。でもそれらをやってのけた自分達というのは自信にも繋がっています。
古賀:色々なことをやりながら、曲を仕上げて行く作業は大変でした。でも、そのギリギリ感がKANA-BOONには合ってるのかもしれません。
のんびり長期間練りこんで考えて作った曲よりも、15分のセッションでバシっと決まった曲の方が良い事が多いです。
大変だったけれども、それだけバンドで活動できるって事は幸せなことだなぁ、と思います。
飯田:2ndアルバムは夏フェスのテンションを持っていったままレコーディングに向かえたので良かったのですが、今回はテンションを持っていく感じの曲ばかりではなく、もっと自分と見つめ合わないといけない曲が多かった。
なので、より自分の引き出しを増やすのが大変でした。
小泉:制作でドラムの叩き方を一から変えていったことが大変でした。

アルバムの中で一番お気に入りの楽曲は?
谷口:「スタンドバイミー」です。
4人で話し合いをして一番最初に歌詞ができた曲で、このバンドのことをありのままに歌った曲です。
この曲が出来ていなかったらアルバムもできていなかっただろうし、今の自分達もありません。
古賀:決めきれないのですが、「インディファレンス」です。
今回はニーズに答えずギターを弾いたと先程言ったのですが、この曲が一番その感じが出てるかな、と思ったので選びました。
僕のギターもいつもと違う感じですが、鮪のボーカルワークがとにかく良いです。サビのファルセットなんかは、ハッとする瞬間だと思います。
飯田:「グッドバイ」です。ベースがグルービーでとにかく難しかったのですが、それだけ愛着があります。
小泉:「インディファレンス」です。

特にどういった人に聞いてほしいなと思いますか?
谷口:若い世代の真ん中に刺さるものでありたいと思っています。
古賀:ずっとKANA-BOONを聴いてくれている皆さんには、僕達の思いを感じて欲しいし、
楽曲としてのクオリティが本当に高く出来たので、楽器をやっている人やサウンドワークが好きな人達に聴いてもらいたいのもあります。もっと色んな人に聴いていただきたいです。
飯田:とにかく楽器がかっこいいので、楽器をやっている人や楽器が好きな人に聴いてもらって、コピーとかしてくれたら嬉しいです。
小泉:ドラムの音をピックアップして聞いたことない人に聞いてほしいです。

これからアリーナ公演・初の海外公演のツアーをされますが、パフォーマンスで気を付けていることや気をつけたいこと、また、不安などはありますか?
谷口:人の目を見てライブをするということは意識しています。
目を見合うことで通じるものがあるので、それを信じて、どれだけ大きな会場でも全員の目を見ながらライブをしています。
古賀:どんなに大きいステージでも、どんなハコでも、同じポテンシャルでライブをすること。お客さんの目を見てライブすること。この二つはずっと掲げているライブパフォーマンスで意識してる所ですね。
飯田:今はメンバーとも話し合って4人で良いライブをするというだけなので、不安よりは期待のほうが大きいです。まず自分たちが楽しんで、それを来てくれてる人に伝えるのが大前提です。
小泉:会場で一番後ろの壁まで音を届けることを心がけています。

バンド内で流行っていることはありますか?
谷口:古賀の携帯を隠すゲームです。
古賀:食事中だと、こいちゃんがネコのアプリゲームをして盛り上がってるのはよく見ます…。
バンド全体では、僕の携帯を隠してどこにあるか見つけるゲームとかを楽屋とかでよくやってます。笑
飯田:待ち時間とかにいきなり鮪が流す民族の音楽を聴くこと。
小泉:古賀の携帯隠し。

KANA-BOONさんの、自分たちの魅力はどこにあると思われていますか?
谷口:飾らないところというか飾れないところというか、そんなところだと思います。
まっすぐに進むバンドだからだと思います。
古賀:この気持ちはずっとバンドを始めた頃から同じ「一番になる」という目標に向かってまっすぐ進む姿勢から出てるのかなと思います。これからこのアルバムで見せた原点、起源を元に音楽を楽しむ自分達がもっと出てくると思います。
飯田:メンバー同士の仲の良さだと思います。メンバーのことを思い合えるバンドは強いと思います。
小泉:覚えやすいフレーズと歌詞の語感の良さ。

今後の目標は?
谷口:一番のバンドになることと、音楽を楽しむことです。夢が仕事になったけど、仕事として取り組むんじゃなくもっと自由に、しっかりと自分達が舵を切ってバンドを動かしていくことです。
古賀:個人でいうともっとスキルアップして、作曲にも手をかけて行きたい年でもあります。色々な事をインプットをして、有意義な一年にしようと思います。
飯田:自分ら発進でどんどんバンドを進めていくことです。
小泉:音楽を楽しむ。個人としては、ドラマーとしての個性を確立する!

最後に、読者の大学生に一言お願い致します。
谷口:好きなことをして生きていくのは、言い訳もできないし逃げられないし大変だけど、好きなことで何かを成し得た時はそんな苦しみを遥かに超える喜びや感動が待っています。
それを知っている者としては、みんなに好きなことをして生きてほしいなと思います。そこに僕らの音楽があったなら、より嬉しいです。
古賀:音楽に夢中になって楽しんでいた、高校生の頃を思い出しながら作ったアルバムです。
皆さんにとってかけがえの無い一枚になると思うので是非聴いて下さい!自信作です!
飯田:僕も大学に通っていて良くない大学生活を送ってしまったので、僕が言えることは、どんな形であれ人といっぱい会うべきだと思います。塞ぎこもうと思えば塞ぎ込めてしまうけど、そこで一歩踏み出すことで何かが変わると思います。
小泉:3rdアルバム『Origin』は、今までは出せなかった音の力強さをそれぞれの曲に詰め込んだアルバムです。音の格好良さでテンションあがること間違いなしだと思うので、是非キャンパスライフのお供によろしくお願いします!

ありがとうございました!

【KANA-BOON 公式HP】
 http://kanaboon.jp
 http://www.kanaboon.com
【KANA-BOON 公式twitter】
 @_kanaboon

▷アルバム情報
mKB_origin_tsujo_RGB_s
3rd Album 「Origin」
2月17日発売/通常盤/CDのみ/2,800円(税抜)
《収録曲》
1. オープンワールド 2. 机上、綴る、思想 3. なんでもねだり
4. ランアンドラン 5. anger in the mind
6. インディファレンス 7. talking 8. グッドバイ 9. 革命
10. ダイバー 11. スタンドバイミー 12. Origin

▷ツアー情報
KANA-BOON の格付けされるバンドマンツアー 2016
■5月3日(火) インテックス大阪 5号館
■5月4日(水) インテックス大阪 5号館

PR 人権パネル原稿WEB

インターネットを正しく利用するために~加害者にも被害者にもならないために~

インターネットは、スマートフォンやタブレット端末などの普及に…

2017年3月14日

PR 画像 101

アプリでインターン!新しい事に挑戦し続ける京都の会社で、事業改革メンバー募集!

インターン大学生インタビュー 1997年に設立された︎飲食店…

2015年4月25日

PR スクリーンショット-2015-04-21-10.57.56

きょうと動画情報館

京都市政を皆様にわかりやすくお伝えする、京都市の公式チャンネ…

2015年4月15日

PR zentai2

【座談会】京都の大学生と自転車 〜ルール・マナーを守って走行しよう〜

京都の街中では多くの大学生が自転車を利用しています。 京都は…

2016年4月22日

PR 0476995b42da96033540fe9197a5fb83

2017はたちの献血に行ってみよう!〜献血は身近なボランティア〜

意外と知らない「献血」&献血ルームナビ!献血ルームを上手に活…

2017年2月1日

PR R0000769

献血キャンペーン:「チョコっと献血へ行ってみようキャンペーン」当日レポート

平成29年2月11日(土)、京都駅前献血ルームにて献血キャン…

2017年2月22日

PR P1020356

「世界がひとつの家族のように・広め隊」メンバー募集!

京都で過ごす学生時代に、「人権ソング」を広める活動をとおして…

2017年3月14日

PR 全体

「デートDV」してませんか? されてませんか?〜大学生による座談会レポート

若者に広がっている「デートDV」について,京都市男女共同参画…

2016年11月18日