contents

メニュー

ミュージックインタビュー

夜の本気ダンス インタビュー

m夜の本気ダンス最新A写

思わず踊りだす!?シンプルなメロディでしっかり踊れる京都発のバンド「夜の本気ダンス」。ロックファンが選ぶ2016年ブレイクしそうなアーティストNO.1にも選ばれた大注目バンドの、Vo/Gt米田貴紀さんとBaマイケルさんにインタビュー!

メジャーデビューおめでとうございます!
米田マイケル:ありがとうございます!

まず、今回のアルバムのコンセプトを教えていただけますか?
米田:毎回「こんなアルバムにしたい」と思って作るというより、1曲ずつ作り上げていって、最終的に全曲並んだとき、今回のアルバムはこんな雰囲気になったな、という感じですね。あと、今回はハンドマイクのみでギターを持たないっていう曲を3曲入れたんですが、これらは始めからライブのパフォーマンスを意識して作りました。

お洒落なジャケットイメージが気になるんですが…。
米田:ジャケットは完全に撮影の方に委ねました。僕らの音源を聞いてもらって、イメージしてもらったというか。あ、ジャケットの足は僕の足です(笑)。エルヴィス・コステロなどをイメージして、足の角度は内向きにする意識をしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

確かにジャケットからも、踊ってるイメージが湧きますね。「DANCEABLE」のタイトルの由来は?
米田:タイトルは僕がつけました。いままでのタイトルが「DANCE TIME」「DANCE STEP」だったので、「今回もDANCE○○にしたいにしたい」ってなったんですけど、なかなかいいのが思いつかなくって。そんな時「DANCEABLE」って浮かんで、鈴鹿(Dr)に言ったら「それで行こう」って即答。言葉の響きで決めました。

アルバムの中で思い入れの深い曲は?
米田:「Dance in the rain」です。この曲だけ雰囲気が違うというか、めっちゃゆっくりで。ゆっくりなメロディに歌詞を載せるところを工夫しました。
マイケル:「escape with you」ですね。Baのフレーズが肝となってて、同じリフを繰り返してるんですが、ひとつのメロディをずっと繰り返すことで曲全体の流れを作る作業が難しくて。

アルバムタイトルからもこだわりからも伺えるようにやはり「DANCE」がキーワードですよね。「夜の本気ダンス」というバンド名は新聞の切り抜きからだそうで?
米田:僕とマイケルが入る前に決まったんですけど、最初のボーカルの子の家のホワイトボードにたくさん新聞の切り抜きがあって、その中から一番インパクトのあるものを選んだそうです。

他にはどんな候補があったんですか?
米田:「ノルマンディー上陸作戦」、「自爆テンポ」です。間違いなく「夜の本気ダンス」以外の名前だったら僕は加入してなかったですね(笑)。

お二人の加入のきっかけは?
米田:僕は当初、客として「夜の本気ダンス」を見てて、かっこいいなと思ってたんです。そしたらボーカルとして誘われ、そこに入れるなら本望かなと思って入りました。
マイケル:僕も他のバンドをやってたんですが、「夜の本気ダンス」は知ってて。その頃からきっともっと大きいところに行くんだろうな、かっこいいバンドだなと思ってました。そんな時、自分のバンドが解散することになり、「夜の本気ダンス」も、Baを探してて。不安もあったんですが、同い年なのもあってすんなり入れました。

メンバー全員同じ年なんですよね!リーダーは決まってますか?鈴鹿さんが結構喋られているイメージがありますが…。
米田:うーん(笑)。僕ら、リーダーがいないんですよね。鈴鹿はやりたいようにやっていいよっていうタイプなんで、曲に関しては僕のやりたいことをやらせてもらってます。鈴鹿があんなに主張するのはMCの時だけですね。

バンドの流儀はありますか?
米田:4人編成でシンプルな感じなんですけど、同期(打ち込み)やシンセサイザー、鍵盤はいれたくなくて。シンプルな中でいかに踊れるロックを作れるか、にこだわってます。
マイケル:人を楽しませたいっていうのが根底にありますね。自分が楽しくないと人を喜ばせられないので、バンドを仕事とも思ってるし仕事とも思ってないというか、楽しい気持ちを忘れないようにしています。これが消えてしまったら、発信してるものも魂を失ってしまうと思うので、意識しています。

大学時代にハマっていたことは?
米田:僕、大学時代はサークルに入ってなくて、すぐに家に帰ってたタイプでした(笑)。大学までの道のりはヘッドフォンで音楽を聴いてました。周りから見たら喋りかけんなオーラ出てたかも(笑)。まあ、この頃に音楽のルーツが蓄えられたと思うので、今となっては良かったかなと。この頃に今も影響を受けているアーティストの岡村靖幸さんの音楽とも出会いました。

米田さんは楽器はいつからやってらしたんですか?
米田:高校生からギターを始めて、本格的にやりだしたのは大学からですね。大学ではサークルでなくライブハウスで活動してました。

マイケルさんはどんな大学生活を過ごしてましたか?
マイケル:大学生時代は軽音楽部に入ってたので、その思い出が強いです。うちの学校、学祭に出たいバンド全員出られるんですよ。学祭前日からライブやったりして盛り上がってました。あとは、合宿とかイベントとかでみんなでワイワイしてましたね。

その時はどんなジャンルを弾いてたんですか?
マイケル:テレフォンズさん、ストレイテナーさん、木村カエラさん、あとは先輩の影響でメタル系をやってました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大学生の時にこれをやっとけばよかったなってことはありますか?
米田:僕はマイケルと正反対の大学時代だったので…。
マイケル:一度、夜の本気ダンスとして、うちの大学の学祭に出たんですよ。
米田:そのときのキラキラ感と言ったら(笑)。すごく楽しかったですね。そういうの、学生のうちに恥ずかしからずにやったほうがよかったなって。
マイケル:何かにうちこむのがいいかと。学校以外でも、なんでも。何かをずっとやり続けることで得られるものがあると思うんです。続けられるってすごいことなのでそこに愛情を注いであげればいいと思います。

継続は力なり、ですね。ところで、皆さん京都出身ですよね。京都のおすすめスポットはありますか?
マイケル:一乗寺のラーメン激戦区が大好きで。「高安」っていうところのラーメンがめっちゃ好きです。あそこは学生時代にお世話になりました。ラーメン好きな人はぜひ!
米田:伏見にある大手筋商店街は、あったかい雰囲気で好きですね。東京や大阪などの人がいっぱい居るところに行って戻ってくると、癒される場所です。時間の進み方もゆっくりな気がして。

メンバー内のブームはなんですか?
米田:ちょっと前ですが、スターウォーズがきてました(笑)。みんなでエピソード7を見に行ったり。町田はスターウォーズを全く見てなかったので、最新版を見に行く前の1週間で全部見てました(笑)。それが、気味悪いぐらい奇跡的で。東京でのライブの後、近くにTSUTAYAがあったんです。エピソード4があったら見ようよって言ってたら、奇跡的に1本だけあって。それが2日間続いて。ライブで疲れてるのに、町田は頑張って全部見て、無事全員で最新版を見れました。全部みてから行ってよかったっていってましたね。
マイケル:あ、あと、僕以外はプレステ4を持ってて、みんなでやってますね。
米田:オンライン上でグルーヴを高めてます(笑)。これも全員同じ年で、友達みたいな感覚で過ごしているからでしょうね。

一緒にライブやカラオケに行ったりはしますか?
米田:メンバー+他の人で行ったりですね。ロッキンのフェス帰りにはメンバーでカラオケ行きました。あ、鈴鹿は時々ヒトカラしてます(笑)。

一人で?
米田:ライブの前日にパッといなくなったから「どこ行ってたん?」って聞いたら、「カラオケ」って(笑)。どんだけ歌うの好きやねん(笑)。自分らの曲も歌ってるみたいで、よく「難しかった」って言ってます。

仲の良さが伝わってきますね。他のバンドで仲がいいのは?
米田:フレデリックですね。去年、ドラマチックアラスカとフレデリックで全国回ったり、今年の列伝ツアーでも一緒だったり、インディーズ時代から何度も一緒に戦ってきたライバルであり友である、みたいな。同じ年でもありますし一番近いバンドかなと思います。

ライバルであり友である、素敵な関係ですね。ライブを数多くこなされていますが、ライブ前のルーティーンはありますか?
米田:ベタですが、円陣組んで、僕が一言言って、出ていく感じです。

なにか必ず食べるものとかは?
米田:エナジードリンク飲んでしまいますね〜。気持ちからというか(笑)。

確かに気持ちから入るのは大事ですよね。緊張をほぐす方法はありますか?
米田:完全に緊張をなくさずにいい緊張感を保ちたいので、一人になって脳内リハーサルをして集中力を高めてます。
マイケル:僕は緊張したままステージに出てるかもしれないです。ただ、ステージに立ってお客さんを見るとスイッチが入るので、緊張してるってことにあんまり意識が向かないですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いい緊張感だから最高のステージが生まれるんですね。ライブではラストに一旦お客さんが全員座って曲のクライマックスで一斉に立ち上がるシーンを見かけましたが、すごい迫力ですね!空気もかなり変わりますよね?
米田:変わりますね!そのあとの皆のテンション、すごいです。前の柵が動くぐらい。ライブハウス壊れるんじゃないかって時々思います(笑)。でも、クライマックスを迎えるいい起爆剤になってるんですよね。ライブだからこそ楽しめるものになってると思います。

ライブ映像を見たら興奮が伝わってきてあの場に行きたくなりました。今年はライブ以外でも活躍の場が広がると思うのですが、もしも冠番組を持つとしたらどんな番組にしたいですか?
米田:「夜の本気○○」、ですかね。僕らが何かしらに本気で取り組む番組(笑)。

TVでのリアクションが大きそうなのは…鈴鹿さんですかね?
米田:鈴鹿ですね(笑)。あいつ、虫がめっちゃ苦手なんですよ。手をこうやって(虫隠してるみたいに両手を合わせて前に突き出して)近づくと、うあああ!って猛ダッシュで逃げます(笑)。ドッキリ番組とかも一番向いてると思いますよ。リアクションが一番小さいのは町田くん(Gt)。町田くんは感情を見せないです。

確かに、ライブ映像でも町田さんの話される頻度が少し少ないような…。
米田:喋ってはいるんですけどね。頑張ってあれぐらいです(笑)。

自由にイベントをやるとしたら、どんなイベントをやりたいですか?
米田:京都でやりたいですね。全国で頑張って、いつか京都に還元する。そういう風になれば、京都のバンドと言えるんじゃないかなと。

セッションするとしたら?
米田:対バンとかスリーマンのラストでセッションは時々しますけど、セッションなら、Suchmosの曲を歌ってみたいなって思う時があります。
マイケル:以前にイベントで見たフラワーカンパニーズさんとScoobie Doさんがコラボしてバンドをやってたんです。20年以上共に成長してきた2組のバンドの雰囲気がすごくよくて。僕らも長く続けて、フレデリックやドラマチックアラスカとそんなことができたらなと思います。

目標にしているアーティストは?
米田:ASIAN KUNG-FU GENERATIONさんです。最初にロックに出会ったのがアジカンで。アジカンは僕の中で一生、別格ですね。去年一回フェスでお会いしたんですが、好きすぎて普通に喋れなかったです(笑)。その時はバンドやっててよかったなって思いました。
マイケル:自分がライブを見たときに、POLYSICSさんのライブが印象的で、こういうバンドになりたいって思いました。

では、「夜の本気ダンス」の曲をはじめて聞く人に聞いてもらいたい曲はどの曲ですか?
米田:「Crazy Dancer」は、間口を広く全方位に対して作ったので、どんな年齢の方にも、どんなジャンルが好きな方にも楽しんでもらえるのではと、思います。そこから他の曲も聞いてもらえたらいいな。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

インディーズの1stミニアルバム「ヤングアダルト」の復刻盤が遂にリリースされますが、復刻となったきっかけはありますか?
米田:以前からどこかのタイミングで復刻盤を出したいっていうのがあって、今回メジャーデビューというタイミングで出すことが出来ました。僕たちのルーツを聴いてみてほしいなと思います。

今後、どういういうバンドとして認識されていきたいですか?
米田:ロックバンドとして有名になりたい。日本のロック=「夜ダン」と言われるようなバンドになりたいです。
マイケル:ひとつのスタンダードとして認められたい。最近流行りの、ではなく、一つのスタンダードとして認められたいですね。長い目で見たときに、ひとつの定番となれたらいいな。

今後、では最後に、今年の目標をお願いします!
米田:去年はいろんなフェスやイベントをやって、お客さんも来てくれたんですけど、今年はワンマンで頑張らないとなって思ってて。ワンマンで僕らの良さをいかに表現できるか。ぜひ皆さん6月からのツアーに来ていただきたいです!
マイケル:メジャー進出1年目、さらに一段上にいきたいなと。確実にステップアップしていきたい。メジャーになって、音楽を届ける範囲が広がると思うので、それを自分たちで回収でき、さらにそれが感じられるステージまであがりたいです。

ありがとうございました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

《ガクシン記者取材後記》
ライブでロックをかき鳴らす様子とは違い、静かで穏やか、ゆったりと話すお二人との時間はとても楽しいもので、お話の中に鈴鹿さんや町田さんの笑い話がでてきて、仲の良さが滲み出ていました。シンプルな音、耳から離れなくなって無限ループする音楽、ただお洒落なだけでなく、1曲1曲で違うダンスを踊りたくなる。全国各地のフェス、6月からのワンマンツアー、踊りの渦を巻き起こし、「夜ダン」という名のロックな大竜巻を、京都に持って帰ってきて下さい。
(同志社大学3回生:斎藤美優)

【夜の本気ダンス 公式HP】
 http://honkidance.com/
【夜の本気ダンス 公式twitter】
 @honkidance

▷アルバム情報
m夜の本気ダンス_DANCEABLEジャケ写
1st Album 「DANCEABLE」
3月9日発売/通常盤/CDのみ/2,500円(税抜)
《収録曲》
1. Oh Yeah
2. Crazy Dancer
3. By My Side
4. LOVE CONNECTION
5. Love is always new
6. escape with you
7. Feel so good
8. Logical heart
9. Dance in the rain
10. Show down

▷ライブ情報
■5月14日(土) 大阪 TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2016
■5月15日(日) 大阪城音楽堂 Eggs presents FM802 Rockin’Radio! -OSAKAJOH YAON-

PR スクリーンショット-2015-04-21-10.57.56

きょうと動画情報館

京都市政を皆様にわかりやすくお伝えする、京都市の公式チャンネ…

2015年4月15日

PR R0000769

献血キャンペーン:「チョコっと献血へ行ってみようキャンペーン」当日レポート

平成29年2月11日(土)、京都駅前献血ルームにて献血キャン…

2017年2月22日

PR P1020356

「世界がひとつの家族のように・広め隊」メンバー募集!

京都で過ごす学生時代に、「人権ソング」を広める活動をとおして…

2017年3月14日

PR 人権パネル原稿WEB

インターネットを正しく利用するために~加害者にも被害者にもならないために~

インターネットは、スマートフォンやタブレット端末などの普及に…

2017年3月14日

PR 全体

「デートDV」してませんか? されてませんか?〜大学生による座談会レポート

若者に広がっている「デートDV」について,京都市男女共同参画…

2016年11月18日

PR 画像 101

アプリでインターン!新しい事に挑戦し続ける京都の会社で、事業改革メンバー募集!

インターン大学生インタビュー 1997年に設立された︎飲食店…

2015年4月25日

PR zentai2

【座談会】京都の大学生と自転車 〜ルール・マナーを守って走行しよう〜

京都の街中では多くの大学生が自転車を利用しています。 京都は…

2016年4月22日

PR 0476995b42da96033540fe9197a5fb83

2017はたちの献血に行ってみよう!〜献血は身近なボランティア〜

意外と知らない「献血」&献血ルームナビ!献血ルームを上手に活…

2017年2月1日