contents

メニュー

ガクシンサークル員 徒然日記

『今はまだ勝てなくいい、負ける意味を知るときだ』

こんにちは。この春大学院2回生になった岡田です。就職活動中の皆様お疲れ様です。今回は就職活動中に感じたこと、考えたことについて書きたいと思います。ちなみにタイトルは、コブクロの「君になれ」という歌の歌詞の引用です。悩みに寄り添ってくれる真っすぐな歌詞が胸熱なので是非聴いてみてください。

 

いきなり質問ですが、皆さんは何を軸に企業選びを行っていますか?業務内容、福利厚生、勤務地、社風…と色々な軸の優占順位が人それぞれにあると思います。私は「勤務地」をとても大切にしています。えっ勤務地って就活の軸にしても大丈夫なの?と疑問に思われるかもしれませんし、企業側にそれを主張しすぎるのは良くないのが現実だと私も思います。しかし、「やりがい」や「興味」って極端な話どこでも見いだせるのではないかなと最近感じています。勿論、現時点で興味あることや仕事で達成したい想いはありますが、今は一見興味がないことでも、仕事で深く関わるようになればどこかに楽しさを見いだせる気もしています。私にとって「やりがい」や「興味」ってとても曖昧なものではないか?と考えるようになりました。

 

じゃあ私にとって曖昧ではない喜びとはなんだろうか。それは地元に住めることだと気づきました。「第一志望の企業に入社できたらきっと家族は喜んでくれるし、地元の友達ともいつでも会える。」自然とそんなことばかり考えています。これが私の第一志望に対する一番強いモチベーションです。大学生活で一人暮らしを経験しているから余計にそう思うのかもしれませんが、家族や友人の近くにいれるだけで幸せですし、思っている以上に地元愛が強いのだと気づきました。それだけで就活の取り組み方が変わりました。

 

内省ってとても難しいですよね。就職活動はもしかしたら一番自分を深く理解する機会なのかもしれません。いつの間にか企業に合わせた自分つくりをしている人いませんか?そんな仮面はいっそのこと捨てて、素直に自分のニーズを抽出するのがおススメです。今後の人生40年がかかっているなんて考えずに、今の自分にとって最善だと思える企業選びができたらいいですね。それでは!

 

 

 

PR

「花のキャンパス」×「献血ルーム」 〜花キャン献血ルーム一日所長レポート〜 at献血ルーム四条(2018年2月13日実施)

「花キャン献血ルーム一日所長」は若者世代に向けての献血の大切…

2018年2月19日

PR

献血キャンペーン:「チョコっと献血へ行ってみようキャンペーン」当日レポート

平成29年2月11日(土)、京都駅前献血ルームにて献血キャン…

2017年2月22日

PR

きょうと動画情報館

京都市政を皆様にわかりやすくお伝えする、京都市の公式チャンネ…

2015年4月15日

PR

はたちの献血に行ってみよう!〜献血は身近なボランティア〜

意外と知らない「献血」&献血ルームナビ!献血ルームを上手に活…

2016年1月25日

PR

平成30年 はたちの献血キャンペーン

献血をする前に押さえておきたい3つのポイント! ①前日は十分…

2018年1月16日

PR

『京都府学生献血推進協議会キャンペーンat献血ルーム伏見大手筋』当日レポート

平成30年9月5日(水)、献血ルーム伏見大手筋にて『京都府学…

2018年9月9日

PR

骨髄バンクに登録しよう!

骨髄移植や末梢血幹細胞移植は、白血病や重症再生不良性貧血等の…

2018年9月27日

PR

【座談会】京都の大学生と自転車 〜ルール・マナーを守って走行しよう〜

京都の街中では多くの大学生が自転車を利用しています。 京都は…

2016年4月22日