contents

メニュー

ガクシンサークル員 徒然日記

『「可愛らしく」の解放』

ハート模様なんて私には似合わない。スカートは制服だけでいい。私は小さい頃から「可愛らしく」することに対してなんとなく気後れや恥ずかしさがあった。

 

というのも、「可愛らしく」が似合うのはアイドルやモデルのような顔立ちが可愛らしい子だけのもので、そういった顔とは言えない自分が「可愛らしく」することで滑稽に映ってしまうのではないか…という不安があったからである。

 

実際に、「こっちは可愛いけど、こっちはイマイチ」「可愛いけど一番前に持ってくるほどでは…」という、女の子を品定めしたり、順位づけたりする行為がいつでもどこでも頻発している。そういったものに認められないといけない。自分はそういったものに見向きもされない。この圧迫感や焦燥感は自分を非常に苦しめる。

 

そんな中で「可愛らしく」することに踏ん切りがついた瞬間があった。ゆうこす(菅本裕子)さんの台頭だ。ネオぶりっ子の異名を持つ彼女に対し、初めは「何言ってるんだ…」くらいのスタンスで見ていたが、「愛されたいと思っている女の子を肯定して、みんなで可愛くなろう」というインタビューの一節を読んではっとさせられた。バカにされるかなと思い、今まで表に出しづらかった「可愛らしさ」を身にまとうことをまずは肯定し、受け入れてくれるのである。この考え方は私の身の回りでも絶大な支持を受けている。

 

ネット発のインフルエンサーは続々と増えているが、その中でも彼女はただのインフルエンサーではなく、多数の女の子が心に潜めていたモヤモヤを解放してくれ、切り開いてくれたパイオニアだと私は思う。

 

今の自分はハート模様のアクセサリーを身につけるし、スカートも以前よりははくようになった。自分を愛せる自分に少しでも近づくために。

PR

きょうと動画情報館

京都市政を皆様にわかりやすくお伝えする、京都市の公式チャンネ…

2015年4月15日

PR

『京都府学生献血推進協議会キャンペーンat献血ルーム伏見大手筋』当日レポート

平成30年9月5日(水)、献血ルーム伏見大手筋にて『京都府学…

2018年9月9日

PR

はたちの献血に行ってみよう!〜献血は身近なボランティア〜

意外と知らない「献血」&献血ルームナビ!献血ルームを上手に活…

2016年1月25日

PR

平成30年 はたちの献血キャンペーン

献血をする前に押さえておきたい3つのポイント! ①前日は十分…

2018年1月16日

PR

『はたちの献血キャンペーン〜大人になる君の優しさを〜』当日レポート

平成30年2月11日(日)、京都駅前献血ルームにて『はたちの…

2018年2月14日

PR

献血キャンペーン:「チョコっと献血へ行ってみようキャンペーン」当日レポート

平成29年2月11日(土)、京都駅前献血ルームにて献血キャン…

2017年2月22日

PR

【座談会】京都の大学生と自転車 〜ルール・マナーを守って走行しよう〜

京都の街中では多くの大学生が自転車を利用しています。 京都は…

2016年4月22日

PR

「花のキャンパス」×「献血ルーム」 〜花キャン献血ルーム一日所長レポート〜 at献血ルーム四条(2018年2月13日実施)

「花キャン献血ルーム一日所長」は若者世代に向けての献血の大切…

2018年2月19日