contents

メニュー

ミュージックインタビュー

ミュージックインタビュー『ふくろうず』

不思議なオーラと幻想的な世界を醸し出すバンド、『ふくろうず』。そんな彼らの魅惑的なキラキラが詰まったアルバムがリリース!ボーカルの内田万里さんにお話を聞いてきました!

 

 

今回のアルバムのコンセプトは?

内田:夜の遊園地です!ジャケットもそのイメージで。

 

初めてふくろうずの曲を聴く人にお勧めしたい一曲を教えて下さい。

内田:MVのある『うららのLa』ですね!電車に乗って撮ったのが新鮮でした。

 

バンド編成に関して教えてください!

内田:大学のサークルで結成しました。バンド名は、動物園に行ったときにフクロウがいたので(笑)。英語名じゃないバンド名がいいなとおもったので。

 

音楽の道に進むきっかけ、音楽をはじめたきっかけは?

内田:ピアノをずっとやっていて、バンドは大学から。音楽の道に進もうとは思ったこともなかったですが、、、(笑)。

 

2016-07-14-13.32.17

ホンシェルジュで「大学生になったらモラトリアムの限りをつくす!」とおっしゃってましたが、具体的にどんな大学生でしたか?

内田:青春は人より謳歌したかな!普通に就活もして、出版社とかアパレルにも内定もらったりしていたので、いろんな進路を考えてました。

 

これからファッション関係でやってみたいことはありますか?

内田:尊敬するデザイナーさんが自分のファッション誌のような冊子を作られていたので、機会があったらそんなものを作ってみたいです。

 

ふくろうずのチャレンジ1年生など、バラエティ要素も取り入れた企画をやられていましたが、今後やりたい企画はありますか?

内田:わりとふざけたことが好きなので(笑)。ああいうことを続けてたら楽しいかな。3人の中で一番ノリがいいのは私かな(笑)。

 

ライブでのこだわり、ルーティーンはありますか?

内田:みんなそれぞれ、リラックスしている感じなので、ルーティーンは特にないかなあ。

 

DSC01045

今までで印象的なライブは?

内田:プラネタリウムでやったことがあって、綺麗で楽しかった。

 

音楽を続けていて良かったことは?

内田:普通に就職してたら会えなかった人に会えていることかな。あと、本来行くはずもない場所に行けるところも。

 

時間がたくさんある分、何をしたらいいかわからない、悩みもつきない学生時代。そんな大学生に何かアドバイスをお願いします!

内田:大学生時代は自分が思っているよりも時間は少ないと思います。だから大学生のうちに将来のために意識を高めたり、遊ぶのも今しかできないから、バランスよくやったらいいんじゃないかな。

 

2016-07-14-13.50.41

ありがとうございました!

PR

『はたちの献血キャンペーン〜大人になる君の優しさを〜』当日レポート

平成30年2月11日(日)、京都駅前献血ルームにて『はたちの…

2018年2月14日

PR

「花のキャンパス」×「献血ルーム」 〜花キャン献血ルーム一日所長レポート〜 at献血ルーム四条(2018年2月13日実施)

「花キャン献血ルーム一日所長」は若者世代に向けての献血の大切…

2018年2月19日

PR

【座談会】京都の大学生と自転車 〜ルール・マナーを守って走行しよう〜

京都の街中では多くの大学生が自転車を利用しています。 京都は…

2016年4月22日

PR

平成30年 はたちの献血キャンペーン

献血をする前に押さえておきたい3つのポイント! ①前日は十分…

2018年1月16日

PR

献血キャンペーン:「チョコっと献血へ行ってみようキャンペーン」当日レポート

平成29年2月11日(土)、京都駅前献血ルームにて献血キャン…

2017年2月22日

PR

骨髄バンクに登録しよう!

骨髄移植や末梢血幹細胞移植は、白血病や重症再生不良性貧血等の…

2017年10月5日

PR

はたちの献血に行ってみよう!〜献血は身近なボランティア〜

意外と知らない「献血」&献血ルームナビ!献血ルームを上手に活…

2016年1月25日

PR

きょうと動画情報館

京都市政を皆様にわかりやすくお伝えする、京都市の公式チャンネ…

2015年4月15日