contents

メニュー

ガクシントピックス

映画『十二単衣を着た悪魔』 11/14(土)公開記念舞台挨拶in大阪レポート

黒木瞳監督、三吉彩花の成長ぶりを大絶賛! 第二の故郷である関西で舞台挨拶

 

【日時】1114日(土)

【場所】なんばパークスシネマ・スクリーン1012:20の回、上映終了後)

【登壇】三吉彩花・黒木瞳監督

 

関西の温かい拍手で迎えられ入場した三吉彩花と黒木瞳監督。三吉彩花はロングのシフォンドレスで軽やかに登場。

黒木瞳監督は、アイボリーの生地全体にコード刺繍があしらわれた膝丈ワンピースで優雅に登場し、終始華やいだ舞台挨拶をレポートします。

 

 

映画を観終わったばかりの観客に、先ずは三吉彩花から「今日はたっぷりと裏話などができればと思います」。そして黒木監督からは「今日は映画をご覧下さいまして誠にありがとうございます。関西は第二の故郷ですので気持ちもとても和やかになります」とご挨拶。

内館牧子原作の同名小説を映画化した理由について黒木監督は、「内館先生が、『源氏物語』の中であまり良く描かれていない弘徽殿女御(こきでんのにょうご)は本当は志をもって強く生きるとても素晴らしい人なんだという長年の構想を基にした異聞に、現代の若い男性が登場人物たちに影響を受けて成長するという物語を拝読して、とてもスカッとしました。これは映像にしたら面白いだろうなと思って映画化したのです」と回答。

 

強い弘徽殿女御を演じた三吉彩花は、「ここまで強い女性を演じたのは初めてでした。年齢も重ねていきますし、母親としての優しさと力強さをどう表現しようかと迷っていたら黒木監督から猛特訓して頂き、やっと弘徽殿女御が見えてきました。黒木監督に作って頂いたようなものです」。それに対し黒木監督は「そんなことはないです!どんどん三吉さん独自の弘徽殿女御が出来上がっていくのを目の当たりにして、若い息吹にとてもワクワクして頼もしかったです」と三吉彩花の成長ぶりを大絶賛!

 

また、黒木監督に学んだことについて三吉彩花は、「黒木瞳監督の指導のもと、頬骨の筋肉が痛くなる位何度も何度も練習しました。どの作品でも言えることですが、地道な練習の結果はスクリーンに現れるもので、とても大事だなと学びました」。一番好きなセリフは?と聞かれた三吉彩花は、「悩みますね()。最初の登場シーンで述べる能書きは要らぬ。男は能力を形にして示せ!というセリフを今見るととても幼く感じられて、最後にやれることもやれぬこともやって、私は生きるというセリフに重みがあり、その違いがとても面白いなと感じたので、その最初と最後のセリフが好きです」。

 

 

三吉彩花の女優としての素晴らしさを問われた黒木監督は、「悪魔は強い人という一面だけなく、本当は悩みや葛藤を内面に抱えながらも強くあらねばと生きているのだと思います。そうした内面と外面の両方の強さを美しく品良く演じて下さったので、私は大満足です。」――背が高く颯爽として美しい富士額の女優をと三吉彩花をキャスティンした黒木監督。その期待に十二分に応えた三吉彩花の貫禄の弘徽殿女御ぶりは本作の大きな見どころとなっている。最後に黒木監督から、「内館先生が弘徽殿女御って本当はこういう品格のある人だったのでは?という想いを映像化できて本当に嬉しく思います」と映画化とコロナ禍での公開に深い感謝の意を表明し、舞台挨拶を締めくくりました。


映画『十二単衣を着た悪魔』 大阪ステーションシティシネマほか 全国にて絶賛公開中

https://www.juni-hitoe.jp/

PR

骨髄バンクに登録しよう!

骨髄移植や末梢血幹細胞移植は、白血病や重症再生不良性貧血等の…

2018年9月27日

PR

「花のキャンパス」×「献血ルーム」 〜花キャン献血ルーム一日所長レポート〜 at献血ルーム四条(2018年2月13日実施)

「花キャン献血ルーム一日所長」は若者世代に向けての献血の大切…

2018年2月19日

PR

【イベントレポート】「小野工業株式会社 社名変更プロジェクト」第2回目が開催!

社員と学生が社名候補を選定   小野工業株式会社は…

2019年3月8日

PR

はたちの献血に行ってみよう!〜献血は身近なボランティア〜

意外と知らない「献血」&献血ルームナビ!献血ルームを上手に活…

2019年2月21日

PR

「はたちの献血キャンペーン~小さな勇気が大きな愛の贈り物~」at献血ルーム四条』当日レポート

平成31年2月16日(土)、献血ルーム四条にて「はたちの献血…

2019年2月21日