contents

メニュー

ミュージックインタビュー

『おいしくるメロンパン』インタビュー

6枚目のミニアルバム『cubism』をリリースした話題の3ピースロックバンド「おいしくるメロンパン」。メンバーのVo&Gt.ナカシマさん、Ba.峯岸翔雪さん、Dr.原駿太郎さんに、ガクシン記者がインタビュー!!

 

曲を作り上げていく上で大事にしてることや、楽器を演奏するうえで大切にしていることはなんでしょうか?

ナカシマ:自分が表現したいものを実際にどういう風に受け取ってもらうのかっていうことです。自分が表現したいものを「完全」に表現してしまうと、自分にしかわからないものになってしまう。逆に100%受け取ってもらいやすいものをつくると自分が表現したいものっていうのが崩れる。そのバランスを意識して作っています。

原:演奏に関してはドラムの話ですが、曲を聞いた時の感覚の情景とかその温度感みたいなものを自分の中でイメージを固め、できるだけそのイメージ通りに音を出すぞっていうのを気をつけてますね。

峯岸:コンポーザーであるナカシマが作っているものを大切にしつつ、僕がこのバンドでベースを弾いてる意味をちゃんと出さなきゃいけないなと思っています。 寄り添うだけではなく、ちゃんといい塩梅で顔を出していくことも意識しています。

 

ありがとうございます。私自身、中学生の時に「色水」を聴かせていただいて、それからその曲にずっとはまってて!

峯岸:おお!ありがとうございます。5年前?くらいかな

 

はい!そのときに歌詞の綺麗さや独特な世界観に衝撃を受けたんですが、そういった世界観というのは実体験などを元に作られているんでしょうか?

ナカシマ:実際にこれが起こったからこれを書くとかっていうのはないんですが、常に日頃から考えていることを種にして、という風には作っていますね。

 

 

新曲の『トロイメライ』の「神様が僕にくれた時間を君にあげるを許してね」っていうフレーズがとても好きなんですが、こうした印象的なフレーズというのは、そのままインスピレーションで生まれてくるのか、それとも伝えたい内容を少し言い換えてるのか、どのようにされているのでしょうか?

ナカシマ:『トロイメライ』の場合ですと、主人公とその相手がいて、その二人の関係だったり立場が聞き手に伝わるように作っています。歌詞の場所によって、例えばサビだとその曲が表現したいテーマみたいなものが出てくるように、Aメロ部分だと主人公が思っていることや立場が表現されたりと、その場所によって違うように書いていますね。

 

今回のミニアルバムで、『Utopia』がタイトル曲になっているのはどういった意味が込められているんでしょうか?

ナカシマ:どういった意味か…なんだろう?リード曲は、この曲だったらたくさんの人に届いてくれそうだな、ということも踏まえて決めているので、テンポが早くてパワーがある曲から選んだりしています。

 

バンド活動をしていて難しいと感じることはなんでしょうか。

ナカシマ:プロモーション(笑)。結構苦手なんで…。SNSの使い方だったりで自分たちをどういう風に見せたらいいんだろうっていうのは感じています。聞いてくれている人たちが僕たちよりも10歳ぐらい若かったりして、その人たちからしたらおじさんなんでジェネレーションギャップみたいなのがどうしても生まれると思っているので、アンテナをはっておじさんって思われないように、、、おじさんじゃないですけど!

 

どのようなプロモーションをしたりされていますか?

ナカシマ:自炊が好きで料理を自分でするんですよ。自炊して作った料理を撮った写真だけをあげるツイッターのアカウントを作ってそこに料理の写真だけをあげているんですけど、それはみんな「良いですね!」って見に来てくれます。僕のことを知らない人も料理がひとり歩きしてフォローしてくれていて。やって良かったかなと思っています。

 

コロナ禍以前と現在では、何か心境への影響やバンド活動の変化などはありましたか。

峯岸:音楽ばっかりやっていたら立ち行かないなというのを凄く思いますね。ライブができない時期やみんなで集まれない時期はリモートでラジオをやりました。活動していないとお客さんは僕らが何をしているのか分からないので、やれることをやってちゃんと発信しないといけないなというのは凄く凄く感じました。今は音楽活動が以前と同じぐらいできるようになってきたので楽しい!音楽ができることに感謝の気持ちを持ってやっています。

 

おうち時間で新しく始めたこととかあったりしますか。

原:僕は緊急事態宣言が出ていたときはガンプラを始めて、一度組み立てたものをばらしてマスキングテープをしてからスプレーしてめちゃくちゃ時間をかけて作っていました。

 

ガクシン読者の大学生に、メッセージをお願いします。

原:5月4日に新しい『cubism』というミニアルバムが出まして、まだ「おいしくるメロンパン」を聞いたことがない方にも聞き心地のいい作品となっています!6月からツアーがありまして、秋にも別のツアーをやりますので是非ライブにも来ていただけると嬉しいです。よろしくお願いします!

 

 

有難うございました!


-Profile-
2015年9月、Ba.峯岸翔雪が大学の同級生であるVo&Gt.ナカシマと、高校の同級生だったDr.原駿太郎を誘い、3人で「おいしくるメロンパン」を結成。
2022年、2月に配信シングル『Utopia』をリリース。5月4日、6th mini album「cubism」をリリース。ワンマンツアー「cubism tour – サンセット・フィルムショー-」を全国6箇所、「トワイライト・フィルムショー」を全国14箇所で開催。
毎日を健やかに生きている。


6thminialbum

「cubism」

2022.05.04 Release
初回生産限定盤(CD+DVD):XNRJ-10022/B/¥4,000(tax in)
通常盤(CD):XNRJ-10023/¥1,650(tax in)

1. Utopia
2. トロイメライ
3. 水びたしの国
4. 灰羽
5. 蒲公英

 


おいしくるメロンパン cubism tour -トワイライト・フィルムショー-

日時:2022/10/01(土) 18:00

会場:KYOTO MUSE

チケット:¥4,000(税込・ドリンク代別途必要)

発売日:2022/08/06(土)10:00〜

 

オフィシャルサイト
http://oisiclemelonpan.com/disco

PR

【イベントレポート】「小野工業株式会社 社名変更プロジェクト」第2回目が開催!

社員と学生が社名候補を選定   小野工業株式会社は…

2019年3月8日

PR

はたちの献血に行ってみよう!〜献血は身近なボランティア〜

意外と知らない「献血」&献血ルームナビ!献血ルームを上手に活…

2019年2月21日

PR

献血キャンペーン『献血で夏をはじめよう』レポート 7.24 atイオンモール京都桂川

7月24日(土)京都市南区のイオンモール京都桂川で京都府赤十…

2021年7月30日

PR

「花のキャンパス」×「献血ルーム」 〜花キャン献血ルーム一日所長レポート〜 at献血ルーム四条(2018年2月13日実施)

「花キャン献血ルーム一日所長」は若者世代に向けての献血の大切…

2018年2月19日

PR

献血キャンペーン『全国学生クリスマス献血キャンペーン2021』レポート 2021.12.18 atイオンモールKYOTO

12月18日(土)京都駅近くのイオンモールKYOTOで京都府…

2022年1月24日