contents

メニュー

ミュージックインタビュー

〜京の音楽人〜 『シノクローム』インタビュー

現役大学生でありながら活動を続ける超実力派スリーピースピアノロックバンド「シノクローム」にインタビュー!!

関西を拠点に、並々ならぬ実力で見る人を圧倒する3人に、表現することの良さや大学生ならではの有意義な時間の使い方についてお聞きしました

 

 

シノクロームの結成の経緯を教えてください

辻本真(Vo/Key)(以下辻本):もともと、僕がソロで活動をしていたのですが、バンド演奏を行うにあたって、サポートメンバーとしてベーシストとドラマーを迎えたことから始まりました。当時のメンバーと現在のベーシストは異なるのですが、この度サポートメンバーという形ではなく、正式にバンドを結成しようと思い、長尾琢登さん(Dr)と甲斐赳浩さん(Ba)を迎え、現在の形になりました。

 

「シノクローム」の活動ジャンルやコンセプトについて教えてください

辻本:僕たちは三人とも、同志社大学軽音楽部という所に属してジャズセッションを行っていました。そこから派生して……あえて名前を付けるなら「ジャズロック」?

長尾琢登さん(Dr)(以下長尾):そうだね、そんなジャンルが本当にあるかは知らないけど(笑)

辻本:このバンドが生まれてまだ間もないので、「ここが売り!」といったことはわかりませんが、このバンドにはギターがおらず、しかもピアノとベースとドラムのスリーピースという少し異色の編成になっています。あとまぁいうとしたら……「実力派」?

甲斐赳浩さん(Ba)(以下甲斐):自分たちでいうのはかなり恥ずかしいけどね(笑)。いままで音楽に費やしてきた時間と培ってきたいろんな経験をお見せできたらなと思っています。

 

辻本さんはピアノ弾き語りなどこれまでソロで活動されていましたが、バンドとして活動することで、なにか違いなどの発見はありましたか

長尾:あっ、それ聞いてみたい。

辻本:単純に人が増えた分、できることやコンテンツとしての厚みが増えたように思いますね。基本的に僕が作詞作曲を行っているのですが、2人が作品をさらに膨らませてくれる……人が集まって化学反応が起こり、一人ではできなかったものが生まれたりして、そこがバンド体制の良いところだなと感じています。

甲斐:逆にバンド体制のデメリットってある?

辻本:それ聞くの?(笑)まぁ、仲が良すぎて3人でわちゃわちゃ楽しみすぎてしまうところかな……。ついしなくちゃいけないことも忘れちゃう。

 

大学の軽音サークルに属しながらも、外部で別のバンドを組み活動をするのはなぜですか、また表現活動の魅力など、教えてください

長尾:やっぱりより多くの人に演奏を聞いてもらいたいから、というのはありますね。サークルや部活動の中だけだと、その場のためだけに演奏するようになっちゃいがちなので、自分の演奏がどこまで通じるのか挑戦したいという気持ちがありますね。

甲斐:それに加えて、人脈を広げられる、いろいろな人と音楽を介して知り合うことができることなども魅力的だと思いますね。

辻本:僕はもともと小さいころから、大人に囲まれてバンド演奏を行ったり、サポートキーボードとして演奏することが日常だったので、反対に、サークルや部活動など、仲のいい人々とする音楽に、本当の音楽の楽しさを感じてしまいますね。僕の場合は、外のバンドでは

「人に発信したい」という気持ちで行っていて、サークルや部活動などが僕を充実した気持ちにさせてくれて、それが僕らの外のバンドの活動にも還元されていくといった形になりますね。

表現活動の良さについては……やはり僕は、何かを発信したり作り出す人というのは、何かとてつもなく言いたいことがあったり、満たされない気持ちがあるような人であるという風に思い、黙っていられないから何かを作っているのかな、という風に思います。だから、みなさんも言いたいことがあれば行動してみるといいのではないかと思います。難しいかもしれないけど。

長尾:このご時世、自分の表現ができないというひとが多くなってきていると僕は思います。だからこそ僕は自分が音楽を通じて自分を表現することに誇りを持っているし、僕らの活動によって、誰かが共感したり救われたりすることがあればいいなと思います。

甲斐:音楽がなかったらこの三人は今存在してないと言ってもいいくらいだと思います。ただ僕の場合は、楽器を弾くことが第一の目的で、それによって結果的に人を楽しませることができることに嬉しさを感じますね。もう本当に楽器が好きなので、それによってなにかが起こることがあればいいなと思っています。

 

ガクシン読者にひとことお願いします!

辻本:大学生というのは時間が有り余っている時だと思うので、ちょっと無理をしてでも好きなことに挑戦していってください。

長尾:自分の強みを一つ見つけてみてください!!

甲斐:僕はベースが好きなので、皆さんがベースを始めてくれたら嬉しいです。

辻本:3人とも考えていることは違いますが、こんな愉快なバンド「シノクローム」をこれからもよろしくお願いします!!

 

ありがとうございました!

 


大学の軽音楽部で出会った3人で結成された、京都発の3ピースピアノJazzロックバンド。2018年10月7日に京都学生祭典で優勝。

ピアノボーカルの辻本真(しん)は、シンガーソングライターとしての活動をしながら、ピアニストとしてはサポートなども行なっている。過去には「奇跡体験!アンビリバボー」にも出演。

ドラムの長尾琢登(たくと)は関西を中心にサポートドラマーとして活躍。

ベースの甲斐赳浩(たけひろ)はThe Third Herd Orchestraでベースを担当し、全国優勝を果たす。

 

シノクローム Twitter
@Shinochrome

PR

「花のキャンパス」×「献血ルーム」 〜花キャン献血ルーム一日所長レポート〜 at献血ルーム四条(2018年2月13日実施)

「花キャン献血ルーム一日所長」は若者世代に向けての献血の大切…

2018年2月19日

PR

【イベントレポート】「小野工業株式会社 社名変更プロジェクト」第2回目が開催!

社員と学生が社名候補を選定   小野工業株式会社は…

2019年3月8日

PR

「はたちの献血キャンペーン~小さな勇気が大きな愛の贈り物~」at献血ルーム四条』当日レポート

平成31年2月16日(土)、献血ルーム四条にて「はたちの献血…

2019年2月21日

PR

【イベントレポート】ガンバ大阪コラボ『献血PRキャンペーン』 2019.10.19 パナソニックスタジアム吹田にて

10月19日にパナソニックスタジアム吹田で行われたガンバ大阪…

2019年11月8日

PR

骨髄バンクに登録しよう!

骨髄移植や末梢血幹細胞移植は、白血病や重症再生不良性貧血等の…

2018年9月27日

PR

はたちの献血に行ってみよう!〜献血は身近なボランティア〜

意外と知らない「献血」&献血ルームナビ!献血ルームを上手に活…

2019年2月21日