contents

メニュー

ガクシンサークル員 徒然日記

『日常がそこにあって』

部屋の中で鬱々と過ごすしかない外出自粛期間であっても、そこに誰かの特別な日があったり、なんでもない日があったりする。

 

4月29日に誕生日を迎え、22歳になった。

就職活動が上手くいかず、卒業研究も図書館が閉まっているためできず、しかし例年通りの学校カリキュラムが進み、「どうしろっていうんだよ!!」と思っている最中であった。

 

会えない中祝福の連絡をくれる人、服屋からのお祝いDM、誰かが部屋の前にメッセージ付きでプレゼントを置いてくれていた。ポストの中にも。

 

上手くいかない、自由にできない日々の中、工夫を凝らして祝いを伝えてくれる人が周りにいてくれるということを再確認した。思い返してみると、私は人から与えてもらうことが多かったように感じる。同じだけか、それ以上、また自分から人に与え、返すことのできる人になれていたらいいなと思った。

PR

【イベントレポート】「小野工業株式会社 社名変更プロジェクト」第2回目が開催!

社員と学生が社名候補を選定   小野工業株式会社は…

2019年3月8日

PR

骨髄バンクに登録しよう!

骨髄移植や末梢血幹細胞移植は、白血病や重症再生不良性貧血等の…

2018年9月27日

PR

「花のキャンパス」×「献血ルーム」 〜花キャン献血ルーム一日所長レポート〜 at献血ルーム四条(2018年2月13日実施)

「花キャン献血ルーム一日所長」は若者世代に向けての献血の大切…

2018年2月19日

PR

はたちの献血に行ってみよう!〜献血は身近なボランティア〜

意外と知らない「献血」&献血ルームナビ!献血ルームを上手に活…

2019年2月21日

PR

「はたちの献血キャンペーン~小さな勇気が大きな愛の贈り物~」at献血ルーム四条』当日レポート

平成31年2月16日(土)、献血ルーム四条にて「はたちの献血…

2019年2月21日