contents

メニュー

ガクシンサークル員 徒然日記

『まだ先の話。』

部屋の隅でほこりを被ったギターと使われない大学用のカバンをふと思い返すと、自分が4回生になった自覚が無いままあと2ヶ月で卒業か。ってなんとも言えない大きな不安感のような、焦燥感にも似た気持ちに襲われる。

人間っていうのは不思議なもので、1年前アレだけ混乱していた世の中は徐々に慣れを覚え始め、恐怖の中でも楽しみや新たなツール、常識を生成し生活を確立させている。日々変動していく世の動きの中で「まだ学生でいたい、まだ何も出来てない」という思いを必死で押し殺し日々を重ねる私は、きっと1人取り残されているような。そんな感覚。

この暗い部屋がまた明かりいっぱいになるころ、私は何歳なんだろう。何をして生きているんだろう。今はそれを考えるので精一杯だ。

PR

【イベントレポート】「小野工業株式会社 社名変更プロジェクト」第2回目が開催!

社員と学生が社名候補を選定   小野工業株式会社は…

2019年3月8日

PR

はたちの献血に行ってみよう!〜献血は身近なボランティア〜

意外と知らない「献血」&献血ルームナビ!献血ルームを上手に活…

2019年2月21日

PR

「花のキャンパス」×「献血ルーム」 〜花キャン献血ルーム一日所長レポート〜 at献血ルーム四条(2018年2月13日実施)

「花キャン献血ルーム一日所長」は若者世代に向けての献血の大切…

2018年2月19日