contents

メニュー

ガクシンサークル員 徒然日記

『スタジオ』

8ヶ月ぶりにスタジオに入りました。学園祭に向けての練習です。学園祭といってもオンライン開催で、事前に撮ったものがYoutubeで公開されるだけですが。

 

ここ数ヶ月、私はすっかりギターのことなど忘れて生活していました。コロナ以前は「このバンドのコピーがしたい」「この曲が弾けるようになりたい」と常に頭の片隅にギターのことがありました。しかし、ライブの機会がないのでそんなことは考えなくなり、目標がないのでギターを触ることもなくなりました。

 

そんな中、学園祭のオンラインバンドの募集がありました。「せっかくの機会だしなんかやろっかな」と、思い出づくりくらいの気持ちでバンドを組みました。みんな快諾してくれて、トントン拍子に曲とスタジオの日程が決まりました。

 

久々に入るスタジオ、構内に暴風が吹き荒れる大宮駅で降り、カラスのフンに怯えながら交差点を渡り、5秒で閉まるエレベーターの扉に挟まりかけ、懐かしさのあまりちょっと笑ってしまいました。さすがにアンプの電源の入れ方は覚えていましたが、エフェクターの操作方法は怪しかったです。

 

15分くらいの準備を経て「とりあえずやってみよう」と4カウントで一斉にバーンと音を鳴らすと、なんだか、目が覚めるような感覚に襲われました。単純に音が大きかったのもあるかもしれません。それでも、自分が被っていた殻が1枚剥がれる感覚が確かにありました。

 

自分は変に大人ぶっていたのだなって感じました。ライブができないのも仕方ない。合宿に行けないのも、前みたいにみんなと会えないのも、こういう状況だから仕方ない。色々な「仕方ない」を自分に言い聞かせて続けていたのだなと思いました。と同時に「バンドがやりたい」という、抑え込んでいた本心に気づきました。

 

ボロボロな1曲が通り、鏡を見ると子供みたいな顔をした自分がいました。

PR

【イベントレポート】「小野工業株式会社 社名変更プロジェクト」第2回目が開催!

社員と学生が社名候補を選定   小野工業株式会社は…

2019年3月8日

PR

「花のキャンパス」×「献血ルーム」 〜花キャン献血ルーム一日所長レポート〜 at献血ルーム四条(2018年2月13日実施)

「花キャン献血ルーム一日所長」は若者世代に向けての献血の大切…

2018年2月19日

PR

はたちの献血に行ってみよう!〜献血は身近なボランティア〜

意外と知らない「献血」&献血ルームナビ!献血ルームを上手に活…

2019年2月21日